うれしい誤診

2011年08月18日

腎不全で余命1週間と言われた「じろ」ですが

見た目すごく元気になり、餌も自分から要求するようになりました。

16日に皮下点滴を打ってもらった時なんか

動きすぎて 針が抜けてしまったほど叫び


あまりに元気そうなので、血液検査をしていただいたところ


BUN   初診時 140以上(検査機器の最高値が140らしく測定不能とのこと)

             16日 32.5  (正常値 10-40 IU/L)

なんと正常値になっていましたオドロキ



クレアチニン    初診時 14.9


              16日 2.2 (正常値 0.6-2.0 mg/dl)


腎臓の機能が壊れているため、こちらは正常値にはならないでしょうとのことでしたが、


2桁だった数値が 1桁に下がるのはめずらしいと、先生かなりびっくりされていました。


「(余命1週間と伝えたのが)うれしい誤診ですねニコニコ。」


とおっしゃった先生!


先生の治療と じろの「生命力」に感謝です。


これで体重が増えれば 皮下点滴も行わずに済むとのこと。


あわてて 処方食を購入し、体重増加を目指します!!


               

同じカテゴリー(我が家の猫)の記事画像
腎不全
何かご不満でも?
心配の1週間でした
ちびちゃん
ココのこと
さぶちゃん
同じカテゴリー(我が家の猫)の記事
 腎不全 (2011-08-11 19:05)
 何かご不満でも? (2011-02-07 18:50)
 心配の1週間でした (2010-10-29 19:21)
 ちびちゃん (2010-10-08 18:06)
 ココのこと (2010-06-23 18:32)
 さぶちゃん (2010-04-09 18:12)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
うれしい誤診
    コメント(0)