スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

保護した猫

2011年08月29日

昨日の朝、姑が「デイに行く」と言って1時間も玄関で送迎の方を待っていました。


通常、日曜日は私たちが家にいるので デイには行かせていないのに・・・。


とても姑をなだめて落ち着かせる状態ではなかったので、デイに電話をして


私たちが送っていくことを条件に、デイに受け入れてもらいました。


こんなことは初めてでした。


そして デイへ向かう途中、運転していた旦那が 道路わきに横たわっていた


黒猫を見つけました。私は別の方を見ていたので、どういう状態かも分かりませんでした。


姑を送って行ったあと、また同じ道を通ると 確かに黒猫が横たわっています。


炎天下の中、舌を出してハアハアと大きな息をしています。


噛まれるのを覚悟で バスタオルに包み 車に乗せました。


ちょっと怒りましたが、噛んだりひっかいたりはしません。人になついています。


前足は動くのですが、後ろ足は両方とも全く動きませんでした。交通事故でしょう。


家に連れて帰り、あちらこちらの動物病院に電話をしましたがすべて留守電。


1時間くらいして 留守電を聞いてくださったかかりつけの獣医さんが


電話をくださいましたが、あいにく用があって遠出されているとのことで


猫の状態を伝えると、「今すぐどうということでもないようなので、スポーツ


ドリンクを2~3倍に薄めて 注射器で少しずつ与え、明日の朝連れてきてください。」


とアドバイスをいただき、そのとおりにすると、注射器からではなく、自分で


飲みました。ちょっとホッとしましたが、痛みで苦しそうです。







頭や顔をなでると 甘えてきます。


一晩中 一緒にいました。ただ一緒にいるだけで、何もしてあげれませんでした。


痛がって体をよじる時に、ただ頭を 体をなでてやることしか出来ませんでした。


明け方 容体が急変して 午前6時に2回痙攣して息を引き取りました。


あと3時間で獣医さんに診てもらえたのに・・・。悔やまれてなりません。


猫にしてみれば、知らないところに連れてこられ 怖かっただろう。辛かっただろう。


黒猫は男の子で 成猫ではあるけれど、まだ若い仔だと思います。毛づやもきれいでした。


飼い主さんが探されているかも知れない。ごめんなさい。


結局死なせてしまいましたが、あのままアスファルトの上に放置してはおけませんでした。


猫ちゃん 本当にごめんね。



  

Posted by くうまる at 18:11Comments(10)飼い主のつぶやき