スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

フィラリア症

2010年02月12日

クゥの病名は「フィラリア症」でした。

クゥを譲り受けた時に、確かにフィラリアの検査はマイナスだと

聞いていたので 最初の動物病院でも、別の動物病院に行った時も

「フィラリアは検査済でマイナスです」と言い続けていた私。。。


そんな私を諭すように、「症状からして腑に落ちないので検査をさせて

ください」と言ってくださった 今通っている獣医さん。動物病院を替えて

よかったと思ってます。

今は症状は治まって、元気そうにみえるクゥですが、フィラリアのせいで

心臓が肥大しているので、いつ状態が急変するか分かりません。

覚悟はいつもしておくようにと先生からは言われています。

そして、完治するわけではないので、一生投薬が必要です。

乳腺腫瘍もありますが、クゥの体には全身麻酔をかけることができない

ので、経過観察をしている状態です。


子犬を産ませるだけ産ませ 病気になったら治療もせずに捨てる・・・

そんなひどいことがあってもいいのでしょうか?



これからも病気と闘いながら生きてくれるクゥ。

この子たちと1日でも長く 普通に生活できる幸せを感じている

飼い主です。。。。  

Posted by くうまる at 19:27Comments(2)クゥ・マル